毎日、ブログを書いて、週末は少年野球のコーチをやりながらアフィリエイトで稼ぐ!!

初心者がブログでアフィリエイトをするための
究極の手引書!!『真・ブログ解体新書』
このマニュアルに書かれている内容を実践している、
私が毎日、早朝54分だけブログを書いて、
週末は少年野球のコーチをやりながら
アフィリエイトで稼ぐ方法をレポートしています。
Powerd by: affilitool.com
URL:
サイトへの登録にご利用ください:Googleに登録 Yahoo!に登録 MSNに登録 Infoseekに登録

少年野球のコーチの秘訣(5.体調管理)

5.体調管理

コーチの役割としては、
子供たちが野球を楽しみながら、
上手になっていく手助けをすることも、
もちろん大切なことですが、

安全管理と体調管理も、
非常に大切なことです。

今回は、体調管理について話をします。

○集合時に気をつけること

 子供たちは野球が好きなので
 少しくらい風邪や腹痛があって体調が悪くても
 無理して野球をやりに来てしまいます。

 朝の挨拶のときに
 子供たちの顔色などを見て
 具合が悪そうな子がいないかどうかを
 見極めることは大切なことです。

 もし、体調の悪そうな子がいたら
 無理をさせずに、
 親御さんに連絡をとり、
 家を出る前の様子を聞いて、
 野球が出来そうになければ
 迎えに来ていただき
 連れて帰っていただいたほうが
 いいでしょう。

 たとえ、その子がチームでの
 中心選手だとしても
 絶対に無理をさせてはいけません。
 えてして、勝利を優先するチームだと
 目先の勝利に目がいきがちですが
 子供には大人よりも多くの未来があります。
 子供たちのことを第一に考えるのならば
 身体を休めることが大切です。

 その時、子供たちに
 野球はいつでも出来るのですから
 きみたちの身体を第一に考えて
 休ませるのだということを
 話をしてあげてください。

 すると子供たちも
 大好きな野球が出来なくなることで
 自分自身の体調管理が重要だということが
 わかってきます。
 ゲームをやりすぎて、夜更かししたり、
 ふざけて怪我をしたりということが
 なくなってきます。

他にも、練習中に、体調管理で
気をつけていることがありますが、
長くなりましたので、
続きは、次回に書かせていただきます。

では、他の記事もお楽しみください。







このブログはbanner_04.gifに登録しています。 よろしければ応援のクリックをお願いします。
今日の記事は参考になりましたか?日々、役立つ情報を発信していますので、ぜひ、お気に入りに登録して、またきてくださいね〜。
たった2秒で超簡単に登録できます~~♪

少年野球のコーチの秘訣(4.安全管理 その2)

ディープインパクトのラストランで、
また、間が空いてしまいましたが、
安全管理の続きです。

どうぞ、お読みください。

○他のグランドや遠征に行く時に気をつけること

 学校の校庭は、土日祝日いつでも使えるわけではなく
 うちはサッカーと交互に使っています。

 そして、使用時間も午前中だけと短いため、
 学校の校庭で練習できない時間帯は
 市のグランドを借りたり、
 他のチームと練習試合を調整したりしています。

 その場合は、大体、監督やコーチ保護者の車で移動します。

 子供たちを乗せてのの移動ですので
 自分の子供以上に、
 交通事故をおこさないよう、遭わないように、
 細心の注意を払って安全運転しています。

○練習や試合中に気をつけること

 子供たちには、練習や試合中には
 ボールから絶対に目を離さないことを教えています。
 
 軟式のボールとはいえ、
 投げたり打ったりしたボールは
 当たれば痛いですし、
 当たり所が悪ければ怪我をします。

 ですので、キャッチボールでは
 相手に声をかけて相手が構えているところに
 投げるように教えています。

 また、守備練習でも特にフライは
 捕る人が「オーライ」と大きな声を声をかけて
 捕るように教えています。

 バッティング練習でも同じです。
 打つほうは、どこに打つかわかりませんので
 守っているほうは、打球から目を離さないように
 絶えず声を出して集中しているように
 教えています。
  
○グランド整備で気をつけること

 グランド整備はとても大切なことです。
 グランド整備を適当にやると、
 ボールがイレギュラーしたりして
 思わぬ怪我を招いてしまいます。
 低学年の場合は、大人がグランド整備をし
 高学年になってから、自分達が使用するグランドの、
 整備を丁寧にすることの意味を教えながら
 子供たちだけでグランド整備をさせるといいと思います。

やはり、子供たちが怪我をしないように
いつも見守っていたり、気をつけていたりすることが
野球を教えることと共に
監督やコーチの大事な役割ですね。

以上、安全管理についてお話しました。
次回はいつになるかは不明ですが
体調管理について話をしたいと思います。

では、他の記事もぜひお読みください。

このブログはbanner_04.gifに登録しています。 よろしければ応援のクリックをお願いします。
今日の記事は参考になりましたか?日々、役立つ情報を発信していますので、ぜひ、お気に入りに登録して、またきてくださいね〜。
たった2秒で超簡単に登録できます~~♪

少年野球のコーチの秘訣(4.安全管理)

前回の挨拶の話から
だいぶ間が空いてしまいましたね。

いつも、楽しみに待っていてくれる方々
本当に申し訳ありません。

今回は子供たちの安全管理の話です。

では、続きをお読みください。

4.安全管理

コーチの役割としては、
子供たちが野球を楽しみながら、
上手になっていく手助けをすることも、
もちろん大切なことですが、

安全管理と体調管理も、
非常に大切なことです。

今回は、まず、安全管理について話をします。

○集合と解散の時に気をつけること
 朝の集合時は、高学年の子達は自転車や徒歩で、
 低学年の子達は、みんな徒歩で学校に集合します。

 朝は明るいので、車からも見やすいので
 あわてずに気をつけて信号を守りながら
 いつも学校に行くように来るように言っています。

 しかし、練習や試合の後の解散時には
 5時から6時になり、もう夕方です。

 夏ならばまだ明るいのですが
 秋から冬の時期は、もう暗くて
 自転車ならば、電灯を点けなければ
 車から見にくくて、とても危険です。

 この季節、低学年の子は
 出来れば親御さんに迎えに来て欲しいものですが、
 家庭の事情で、なかなか、そうもいかないようですので、
 自転車で来ている子には電灯を点けて、
 低学年の子には、なるべくまとまって、
 気をつけてまっすぐに帰るように言います。

 野球をしに来て、交通事故にあったり
 他の事件(誘拐や痴漢など)に巻き込まれたら
 大変ですので、
 毎回、気をつけるように心がけています。

他にも、グランドや練習中に、
気をつけていることがありますが、
長くなりましたので、
続きは、次回に書かせていただきます。

では、他の記事もお楽しみください。

このブログはbanner_04.gifに登録しています。 よろしければ応援のクリックをお願いします。
今日の記事は参考になりましたか?日々、役立つ情報を発信していますので、ぜひ、お気に入りに登録して、またきてくださいね〜。
たった2秒で超簡単に登録できます~~♪

少年野球のコーチの秘訣(3.秘訣(その2))

2.秘訣(その2)

元気に挨拶をしよう!!

少年野球の集合時間というのは、
学校の登校時間と同じ8時30分が多いのですが、
子供たちの多くは、
きっと遅くまでテレビを見たり、
ゲームをしたりして
起きていたんだろうなというような
寝起きのような顔で集合してきます。

これから運動をしようというのに、
朝ごはんを食べないまま来る子も、
めずらしくありません。

そうした子供たちは
だいたい、朝の「おはようございます」の挨拶も
蚊の鳴くような、小さい声で「おはようございます」と言ったり、
首だけ「こっくり」と下げるだけですましてしまいます。

声が出なければ力も出ません。

野球というのは
対戦相手と直接ぶつかることは
めったにありません。

しかし、
ピッチャーは打たせまいと思いながら投げ
バッターは打ってやるぞと思いながら打ち
守備は自分のところにボールが飛んできたら
絶対とってやると思いながら守る

というものなので、
大きな声が出る子は、
やはり大きな力が出るようになります。

入団した子供に最初に教える一番大切なことは
必ず大きな声で「おはようございます」と挨拶をすることです。

そして、大きな声で挨拶することは
礼儀正しくすることにもつながっていきます。

このブログはbanner_04.gifに登録しています。 よろしければ応援のクリックをお願いします。
今日の記事は参考になりましたか?日々、役立つ情報を発信していますので、ぜひ、お気に入りに登録して、またきてくださいね〜。
たった2秒で超簡単に登録できます~~♪

少年野球のコーチの秘訣(2.秘訣(その1))

2.秘訣(その1)

少年野球チームに入団するのは
早い子で小学校1年生から入ってきますが
大体、小学校2年生の後半から3年生くらいです

入団してくる子供たちは、
小さい頃から親とボール遊びをしている子供と
まったくボールで遊んだことのない子供がいます。

小さい頃からボール遊びをしていた子供は
ボールを怖がらないので
すぐにキャッチボールが出来ます。
そのため野球のルールを覚えると
どんどん上達していきます。

しかしボール遊びをしていなかった子供は
最初はボールが飛んでくると
顔をそむけたりしてボールを怖がります。

まあ、それは当たり前のことですが
誰でも自分の顔めがけて
何かが飛んでくればよけますよね。

それが自然なのですけれど
それではキャッチボールが出来ないので
そういう子に教えるためには
最初は下手投げでそっとボールを投げてやり
グローブを使わずに両手で取ることを
時間を沢山かけて
ボールは怖くないことを教えます。

子供たちに野球を教える時の最初のコツは
何回も何回も繰り返し基本的なことを
ゆっくりと時間をかけて教えることですね。

このブログはbanner_04.gifに登録しています。 よろしければ応援のクリックをお願いします。
今日の記事は参考になりましたか?日々、役立つ情報を発信していますので、ぜひ、お気に入りに登録して、またきてくださいね〜。
たった2秒で超簡単に登録できます~~♪

少年野球コーチの秘訣(1.まずは挨拶)

1.まずは挨拶

私が少年野球のコーチになったのは
今、中学校1年生の息子が
小学校2年生の10月でした。

気が付けば、あっという間に5年間も
少年野球のコーチをしているわけです。

周りのチームを見渡せば
何十年も少年野球に携わっている人たちが
大勢いるので、5年くらいでは
まだまだひよっこで、
少年野球のコーチの秘訣など
えらそうに言う資格は無いのかもしれませんが、

それでも、5年間コーチを続けてきた中で
感じたこと考えたことを、
書いていこうかと思います。

そして、ある程度、文章がたまったら
推敲して、無料レポートとして
まとめたいと思います。

このブログはbanner_04.gifに登録しています。 よろしければ応援のクリックをお願いします。
今日の記事は参考になりましたか?日々、役立つ情報を発信していますので、ぜひ、お気に入りに登録して、またきてくださいね〜。
たった2秒で超簡単に登録できます~~♪

このブログは人気blogランキングに登録しています。 よろしければ下記のボタンのクリックをお願いします。クリック♪ポン
banner_04.gif

今日の記事は参考になりましたか?日々、役立つ情報を発信していますので、ぜひ、お気に入りに登録して、またきてくださいね〜。
たった2秒で超簡単に登録できます~~♪

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。